9月26日(木)第1部 「やさしい東洋医学を取り入れたセルフケア」 第2部「月見はり」

やさしい東洋医学を取り入れたセルフケアと月見はり
やさしい東洋医学を取り入れたセルフケアと月見はり

【日 付】2019年9月26日(木)  

【場 所】川西市男女共同参画センター(パレットかわにし)


第1部 やさしい東洋医学を取り入れたセルフケア 

10:30〜11:15

¥1500(資料代込)


第2部 月見はり 

11:30〜13:30 

¥500

(決まった時間に受けられたい方はご予約ください。お子さまの鍼は所要時間およそ5〜10分です)


去年も開催しました、東洋医学を使ったセルフケアのミニ講座


中秋の名月の時にこどもたちの無病息災を願って行なわれる「月見はり」


関西地方では旧暦の十五夜の中秋の名月の日、こどもを小児はり(ささない鍼)に連れて行くという風習がありました。

この頃に鍼を受けたこどもは1年間元気に過ごすことが出来るという200年以上も前から続いている伝統的な風習です。

今年の中秋の名月は9/13なのですが、まちの保健室では9/26(木)に講座と一緒に開催します。


小児はりは

・夜泣き

・疳虫(おこりっぽい)

・吃音

・チック

・アトピー

・なかなか寝ない

などのこどもの不調の改善に役立ちます。


大人の鍼とは違い、子ども向けの刺さないはりです。

https://www.instagram.com/p/B1c2EFVFKA-/?igshid=1jr53fuvydb2j


詳しい説明はこちら


ひろせはりきゅう院での小児関連の活動実績はこちら


小児はりを試してみたいという人は第2部からのご参加も大歓迎です。


夜泣きについては比較的少ない回数で効果を実感していただけることが多いのでお困りの方は是非お子様を連れてご参加ください。

お子様の対象年齢は小学生以下とさせていただきます。


月見はりは季節の行事でもあるのでお困りの症状がなくてもこれからやってくる秋・冬を元気に過ごしたいと思ったら是非ご参加くださいね。